滑り抵抗係数(CSR'値)測定のご案内

滑り抵抗係数(CSR'値)測定のご案内

防滑テクニカルサポートでは、国土交通省認可団体「協同組合防滑業振興協会」の指定測定機関「一般社団法人床の滑り測定協会」の指導のもと、第三者の立場で公正に床の滑り抵抗係数(CSR'値)を測定いたします。測定には、協会認定の「すべり測定士」が伺い、協会より「測定結果報告書」を発行いたします。

簡易測定のご依頼はこちら

滑り抵抗係数調査の詳細

試験項目

防滑テクニカルサポートでは、「JIS A 1454」に記載のある、(17)滑り性試験の内容に準拠し、正確に滑り抵抗係数(CSR'値)を測定致します。

滑り抵抗係数(CSR:Coefficient of Slip Resistance)とは

準拠規格: 高分子系張り床材試験方法|JIS A 1454

試験項目:(17)滑り性試験

携帯型滑り試験機「ONO・PPSM」

携帯型滑り試験機「ONO・PPSM(右)」は、JIS A 1454に準拠した構造を持つ滑り試験機本機「O-Y・PSM」と互換性を持つ試験機です。

防滑テクニカルサポートでは、携帯型滑り試験機「ONO・PPSM」を用いて、既存床または試験体のCSR'値を測定いたします。

東京工業大学の研究所にある「O-Y・PSM」

ONO・PPSM

CSR'値測定結果報告書

滑り抵抗係数(CSR'値)の測定が完了次第、「CSR'測定結果報告書」を発行し、ご指定の住所に郵送致します。測定結果報告書は、「一般社団法人床の滑り測定協会(協同組合防滑業振興協会)」より発行いたします。

※PDF等のデータによる報告書の配信、メールや電話での測定結果の通知は行っておりません。予めご了承ください。

一般社団法人床の滑り測定協会(協同組合防滑業振興協会)認定「すべり測定士」

防滑テクニカルサポートには、国土交通省の認可団体である防滑業振興協会が発行している、すべり測定士の資格を持つ有資格者が複数名在籍しております。

滑りに関する講習、技能試験を終え、正しい知識と技術を持ち合わせたすべり測定士が、ご指定の床のCSR'値を正確に測定致します。

報告書

滑り抵抗係数(CSR'値)調査費用

CSR'滑り測定のご費用は下の通りです。ダスト等の介在物散布状態の測定や、6測点以上の測定のご費用は、詳細よりご確認ください。

CSR'滑り測定費用詳細

CSR測定FAQ

現地CSR'測定

乾燥・湿潤状態:148,000円/標準5測点

試験体CSR'測定

乾燥・湿潤状態:14,000円/1試験体

CSR'測定に用いる「滑り片の種類」を選択

CSR'測定では、どのような靴底での歩行を想定する(している)かが非常に重要です。実際の状況を勘案し、JIS-A-1454に規定のある、下の3種類より「滑り片」を選択いただきます。

【1】硬さA72-A80、厚さ3-6mmのゴムシート(一般的な紳士靴相当)

【2】硬さA29-A35、厚さ7-10mmのゴムシート(運動靴相当)

【3】その他:実際に使用している靴底など

※ご指定が無い場合は、【1】のゴムシートで測定をします。

※転倒事故に伴う訴訟関連のCSR'測定、靴下や室内用スリッパの滑りに関しては、【3】その他、に該当します。

「試験片表面状態」の選択

床の使用環境を考慮の上、下記の状態より最適な表面状態、介在物を選択いただけます。

標準測定の中には、清掃・乾燥状態、湿潤状態の2項目の測定が含まれます。ダスト(ほこり)付着、油付着状態をご希望の場合は別途ご相談ください。

【1】(標準)清掃・乾燥状態

【2】(標準)湿潤状態(介在物:水道水)

【3】(オプション介在物)ダスト散布状態

【4】(オプション介在物)水+ダスト散布状態

【5】(オプション介在物)油散布状態

【6】(オプション介在物)その他 受渡当事者間の協定による

滑り抵抗係数(CSR'値)調査事例

床の滑りに関する評価指標が滑り抵抗係数(CSR値)として示されることにより、近年では非常に多くの滑り性試験のご依頼をいただいております。

公官庁、床材メーカー、建設会社、公共施設、弁護士・裁判所、商用施設、老健施設など、多岐にわたります。

CSR(滑り抵抗係数)とBPN(滑り抵抗性)の違い

CSRとBPNは、どちらも”滑り”に関する評価指標です。この2つの違いは、”どこ”の滑りを測定するか、”何”に対しての滑りを測定するかで異なります。

ONO・PPSM

CSR(滑り抵抗係数)は、人の歩行を忠実に再現した滑り測定機(O-Y・PSM/ONO・PPSM)により得られる値です。履物・素足で歩行する床への測定に用いられます。

ppsm

英国式ポータブル・スキッド・レジスタンス・テスター

BPN(滑り抵抗性)は、走行車両の安全性を担保する性能要件であり、主に車道(アスファルト)に対する測定値です。下の測定機によりBPNは得られます。

振子式スキッドレジスタンステスタ